漢方のほうがゼニカルより効く?

肥満治療に一役かっている薬がゼニカルというダイエットピルです。
海外では肥満治療の1つとして多くの方が使用していて、このゼニカルを服用することで30%近くの脂肪分を排尿・排便として身体の外に排出することができ、肥満治療に効果的だと高い支持を集めています。
ですが、漢方のほうがゼニカルより効くなどの情報も囁かれているのも事実で、漢方とゼニカルにはどんな違いがあるのかを確認して服用するのも1つの手です。
ゼニカルは、食事前に服用することで効果をすぐに発揮する魅力がありますが、その副作用として下痢による下着が汚れることが報告されています。
さらにおならも出やすくなり、おならとともに排出される油分が流れ出てくることもあり、仕事や外出先での服用には注意が必要となっています。
一方、肥満治療に効果的な漢方薬の成分は、植物由来・自然由来であることから、効き目は穏やかで長い目で見ることが求められていますが、副作用の心配がないのが漢方の魅力の1つです。
さらに漢方の場合には肥満体質に合わせて沢山の種類が提供されているのが特徴であり、水太り体質であったり・冷え性から脂肪が付きやすいなど、1人1人の体質で処方ができます。
漢方もゼニカルも肥満に繋げないための治療薬ではありますが、正しい服用により安心・安全にダイエットを行うことが大切で、身体に異常が出た場合には使用を中止することも大切です。